スキルス 意味

スキルス 意味

スキルス 意味



スキルス(scirrhous)とは、悪性腫瘍にみられる間質が多い癌の一種で、瀰漫(びまん)性に浸潤していくものを指す。硬癌(こうがん)ともいう。語源はギリシャ語のskirrhos(硬い腫瘍)。胃癌、大腸癌や乳癌でこのような形での発育・浸潤がみられることがある。

ひとかたまりにならず、正常組織に染み渡るように癌が浸潤するため、病変の表面が正常組織に覆われていたり、病変内に飛び石のように正常組織が残っていることがある。また

ひとかたまりにならず、正常組織に染み渡るように癌が浸潤するため、病変の表面が正常組織に覆われていたり、病変内に飛び石のように正常組織が残っていることがある。また

スキルス(scirrhous、英語: Linitis plastica )とは、悪性腫瘍にみられる間質が多い癌の一種で、瀰漫(びまん)性に浸潤していくものを指す。 硬癌 (こうがん)ともいう。

 · 明瞭な潰瘍形成がなく、胃壁全体が肥厚して硬くなり、病変部位と周囲の正常粘膜との境界が不明瞭なのが特徴で、他の型とはかなり異なる外観を呈します。. 胃の粘膜下をはうようにがんが広がることが原因です。. (「スキルス」とは「硬いもの」を意味するギリシャ語が語源). 進行したスキルス胃がんでは、CTで胃全体の壁が分厚くなる様子が観察されるため ...

スキルスという語源は,ギリシア時代にHippocratesが硬い物という意味でスキロスという語を用いている. 19世紀初めに癌腫を整理したLaennecはsquirrhe(硬癌)を癌腫の一型としている.

技術的な能力を意味する「技能」と同義であるが 、近年は技術的な能力だけではなく、交渉力などの 仕事 を潤滑に進めるために必要な能力や、技術を証明するための資格、運動を行うための肉体的能力についてもスキルと呼ばれることが増え、 コミュニケーション スキル、ビジネススキル、運動スキル、 言語 スキルといった言葉が使用されている。

 · スキルス癌(スキルスがん)とは。意味や解説、類語。《scirrhous cancer》硬(性)癌。腺癌 (せんがん) の一型で、癌の基質に対して間質結合組織の量がきわめて多いものをさす。胃癌・乳癌にこの状態のものが多い。 - goo国語辞書は30万3千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

スキルス(scirrhous)はギリシア語で硬いという意味です。スキルス胃がんの特徴のひとつは進行が早いことです。その理由は小さな スキルス胃がんの特徴のひとつは進行が早いことです。

スキルスとは「硬い」という意味ですが、その名の通り胃の壁全体が硬くなるのが特徴です。

ステルス(英語: stealth)は英語で「隠密」「こっそり行う」という意味。

 · ステルス【stealth】の解説. 1 隠密。. こっそり行うこと。. 「ステルスマーケティング」. 2 ⇒ ステルス技術.

スキルス 意味 ⭐ LINK ✅ スキルス 意味

Read more about スキルス 意味.

razborkann.ru
upr-juzhnoportovaja.ru
freemp3s.ru
govnomotoservice.ru
stepenko.ru
sergeromanov.ru
clickhomecyprus.ru
santehoptprom.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
Success has a simple formula--do your best, and people may like it.
Guest

Everything has its beauty--but not everyone sees it.

Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Calendar
MoTuWeThFrStSu